ROOM「ルーム」 原作:エマ ドナヒュー 

外国の本です。 この本はさらわれた子供が部屋に閉じ込められてその小さな世界で暮らすという本です。 すごく心理学的に興味深いと思ったことはさらわれた子に子供ができ、その子の得られる経験です。その部屋の世界からの。 これを見て私は人は経験から考え方がまとまっていくんだとわかりました。例えば、その部屋にはテレビがおいてありそこから犬や空や自然やニュースを子供は学びました。けれども彼の経験上外には一度も出たことがないので、母に実はこれらすべては存在してるといわれても納得がいきませんでした。 外に出ている私からして... Read More