黄金の島 日本も含む大きなアジア圏

久しぶりに侵食忘れて読んだ小説でした。日本の暴力団員が日本を追われる事となり、タイからベトナムへと流れていき、最後にはベトナムの若者たちと木造船で日本へ帰国しようとする・・・というお話なのですが、非常に興味深かったのは、ベトナムという国についての記述でした。 この本の中で、”日本人ほどアジア人を見下している国民はいない”というセリフがあるのですが、確かにそうかもしれないな・・・と思いました。 それを私自身、最も身に染みて感じる理由は、私が今、イギリスにいるからというのもあるからかもしれません。 日本に住ん... Read More