「キンドル・アンリミテッドの衝撃」を読んで、マジで衝撃を受けました。

このビジネス書は、キンドルで電子書籍を自己出版している人には、おススメの本です。キンドル・アンリミテッドという読み放題のシステムが、いかに自己出版している人にとって有益であるかを説明している本だからです。

この本で紹介されている具体的なノウハウで、自己出版している人が「マジ!?」と思ってしまうものがあります。

それは、「電子書籍の一冊の文字数の目安は二万字」というノウハウです。これには、ビックリすることだと思います。

なぜなら、二万字では紙の本の分量に到底及ばないからです。しかし、著者は、この二万字という分量が電子書籍には最適だと本文で語っております。

作家として活動するだけのノウハウに限らず、この本では、電子書籍をビジネスに応用できる方法も説明しています。

経営者やオーナー、仕業の方やカウンセラー、歯科医の先生までも、キンドルで電子書籍を自己出版すれば、集客できるという具体的な説明がなされています。

様々な可能性がキンドル・アンリミテッドの出現で出てきました。この本を読んで、電子書籍を自己出版しようと思われた方は、是非そうしてください。

キンドルで電子書籍を自己出版するのは、無料だからです。無料で作品を発表でき、ビジネスを行われている方は、無料で集客ができると、この「キンドル・アンリミテッドの衝撃」で語り尽くされています。

著者は、電子書籍の時代がやってくると、この本に書いています。

作家になりたいと切望する人は、たくさんいると思います。「新人賞を受賞して、作家デビュー」というのが、作家になる一番の近道だと言われます。

しかし、電子書籍の時代がやってくれば、プロ作家としてデビューしていなくても、電子書籍を自己出版するだけで、生活をしていくだけのお金を稼ぐことができるかもしれません。

cegla-design