『はたらく細胞』という本が地味に勉強になる

『はたらく細胞』という清水茜氏が描く講談社の漫画にハマりました。

なんだか生物教科書に出てくるようなタイトルですが、まさにそんな感じでした。

細胞を擬人化してそれを漫画仕立てにして面白く読ませてくれます。絵も今流行の萌え系の絵というのではなくて、きれいな感じの絵です。

白血球と赤血球の個体を中心に、体の中でそれぞれの役割を持っている細胞の日常を擬人化して置き換える事で、すっと体の中の細胞の仕事が頭の中に入ってきます。

細胞に性格付けをしてあるので、例えば自分の体の中にもこの漫画みたいなキャラクターが居てきっとこんなようなやり取りをしながら私の体の中を動かしているんだな、などと思ったりします。

主人公の白血球さんが外部からの敵(悪い菌)に対しまるで殺人鬼のような好戦的なキャラクターで描かれていますが、体の中の仲間には普通にしているギャップがすごく好きです。

この漫画を読んでから風邪やケガをしても頭の中に「今、白血球さん達が戦っている」と考えると痛みや苦しかったのが現実逃避のように「この痛みは戦っている証拠」などと考えて気持ちが楽になりました。

病院の血液検査とかでも難しい単語を先生が優しい言葉で置き換えてくれるのですが、それも「あ、『はたらく細胞』で出てきたような」と思い至る事があります。

もし、この漫画を学生時代に読んでたら漫画として楽しみながら頭に入ってくるので生物や保体の試験に役に立っていたと思います。自分の体の中にもドラマがあるんだなと思わずにはいられませんでした。ちゃんと医療監修も入っているので安心してます。友達にも思わず「面白いよ」と勧めてしまいました。巻数が出るほど体の事も詳しくなり、楽しめる漫画です。

cegla-design