苦みを秘めた男の物語「風車の浜吉 捕物綴」

「風車の浜吉」は、伊藤桂一先生の時代小説です。元岡っ引きの風車売り・根津の浜吉と、彼を取り巻く人々が事件を解決していきます。

縁日などで見事な風車を売る浜吉は、実は元は、敏利きで知られた岡っ引き。
妻子の病を治したいばかりに、つい悪人を見逃して、五年の江戸払いの憂き目に遭った過去があります。
妻子を亡くし、各地を放浪して江戸へ帰った今も、過去を恥じて風車売りをしているのです。
そんな浜吉の前に現れたのが、かつて彼に憧れていた留吉。
今はお上のご用に働く彼は、何かと浜吉を捕物世界に戻そうとし、また、浜吉の頭脳を借りに来ます。

最初は迷惑がっていた浜吉も、事件の話を聞くうちに、染み付いた岡っ引きの血が騒ぎ出し……表に出ず、留吉にヒントを与えて協力するのでした。

そして、留吉の上司は、実は浜吉の幼馴染み。与力の風早さんと共に、なんとか浜吉を陽の当たる場所へ戻してやりたいと、何かと世話を焼きます。男の友情って良いな、とホロリとさせられたり。

元ヤクザの銀が仲間に加わったり、浜吉は子持ちのお時と再縁したり、だんだん賑やかになっていきます。
そして、とうとう風車の親分として復帰する時が。
苦労しただけに、浜吉のやり方は人情に溢れており、決して杓子定規なことはしません。
苦さと優しさを秘めた浜吉の捕物は、こちらも安心して見ていられるのです。

cegla-design