喧嘩両成敗の誕生

喧嘩両成敗の誕生は講談社選書メチエより出版されている、室町~戦国末期に至るまでの紛争の解決方法の変遷についてを一般向けに解説した書籍です。
室町時代は今でこそ呉座勇一氏『応仁の乱』をきっかけにそれなりに一般の興味を得るに至っていますが、本書はその室町一般本のある種の先駆けとも言うべき代物になっています。
大前提として、現在我々が当たり前と考える社会通念と室町時代の人々が当たり前と考える社会通念は全くの別物であり、それであるが故に冒頭から示される、現代人からするとあまりにも衝撃的に過ぎる事案によって、否応なしに本を深く読み込まされる事になります。
この著者は単純に人を引き込む書き方・事案の選び方が上手いのです。
端的に言って当時の人々は不確実で時間がかかる裁判よりも確実でてっとり早い武力行使をしばしば被害の応報として選択する事に何のためらいもしなかったのです。
しかもそれは武士に限った話ではなく寺社仏閣・公家・庶民に至るまで普遍的な問題でした。
そうした人々を為政者達はいかにして裁判や和解へと誘導し、教化しようとしたのか、というのがこの本の趣旨なのですが、その苦闘はビジュアルなどないにも関わらず想像を絶するものであったと納得させられるある種の迫真の説得力があります。

cegla-design