面白いほどよくわかる孫氏の兵法

学校では教えない教科書、面白いほどよくわかるというシリーズの一つです。
孫氏という名前は多少でも歴史に興味のある方なら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。
2500年ほど前に書かれた世界最古の兵法書と言われているこの書は本来であるならば戦争に勝つ為の方法をまとめた書になるのですが、この本では孫氏の兵法やこの理論を使った為に勝利を掴むことの出来た、もしくは正反対のことをしてしまった為に敗北してしまったという実話を例としてビジネスなどへ転用できる可能性について解説しています。

他の兵法などと比べると一つ大きな特徴があり、それ強く表している一文『戦わずして人の兵を屈するは、善の善なる者なり。』というもの。
この一文から分かるように、孫氏の兵法では戦争の戦い方について語る書でありながら戦いそのものを避けて勝利を掴むことに重きを置いています。
その理由は戦争という大きな経済行為は国民に大きな負担を強いる為、長引けば長引くほど勝利したとしても利益が減ってしまうという現実的な考え方によるものからです。

よって、スパイなどを使った情報戦や相手の作戦を断つこと、自分と相手の状況や戦力を見極める方法など戦闘を始める前にするべきことについても強く語られています。

こうした部分はビジネスだけでなく個人の生活についても大きく影響を与えてくれるものになりました。日本も含め、世界中で起こった様々な戦争や政情を使った解説は歴史好きにも十分楽しめる内容になっていると思います。

cegla-design